agaを防ぐためには!?日常で実践できる方法を紹介

agaの自覚症状を理解することが大切

agaを発症すると洗髪後に大量の抜け毛が見られるようになります。排水口が真っ黒になる状態が長く続くようであれば要注意です。病中病後などで一時的に抜け毛が増える場合は特に心配はいりませんが、健康体の状態にもかかわらず異常に抜けるのは問題があります。agaは進行性という性質から、対策をせずに進行を止めることはできません。円形脱毛症やびまん性脱毛症などは自然に治ることがあるのに対して、agaはどんどん進行していきます。

ヒゲが濃いとagaを発症させやすいと言われていますが、これは男性ホルモンの分泌が多いためです。過剰な男性ホルモンは頭頂部と前頭部に作用し、髪を軟毛化させていきます。全体的にくせ毛になってきたら、agaの前兆だと言われています。ほかには短く細い抜け毛が目立つようになる、枕に付着する抜け毛が増える、などの特徴が見られます。

agaを防ぐには無理なダイエットや暴飲暴食に注意を

無理なダイエットをしている男性は、agaの進行が早くなる傾向があります。ダイエットの要となるのは食事制限ですが、無理をすると必要カロリーや必須栄養素の欠乏を招きやすいのです。すると髪にも十分な栄養が行き届かなくなり、それが薄毛を進行させます。一方で暴飲暴食をする人も栄養バランスに崩れが生じ、健康な髪の成長を阻害させます。規則正しい食生活を継続することが、抜け毛を予防してコシのある髪の毛を育てるわけです。aga予防のために積極的に摂りたいのは豆腐や豆乳です。大豆食品は豊富な植物性たんぱく質とイソフラボンを含んでおり、髪の栄養補給に適しています。

agaを仙台のクリニックにするなら、心療内科や精神科のある美容皮膚科もあります。メンタルヘルスのサポートをしながらAGA治療も可能です。